普段の生活の中で運動量を増やすだけで痩せるって本当なの?

ジム通いなどの手間やお金をかけずに、普段の生活をしながら痩せる為のダイエットです。以下のルールで最低1ヶ月以上続けることが重要です。
・駅や施設は必ず階段を使う(エスカレーター、エレベーターは禁止)
・電車やバスでは席が空いていても座らないで立つ
・家でスマホを使う時は立って操作する
わざわざスポーツジムに登録したり、空いた時間でストレッチなどの手間をかけずに普段の運動量を少しでも増やすことでカロリーを燃焼し、痩せることを目的としたダイエット方法です。

食事制限やジム通い無し、3つのルールでカロリー消費しましょう

お金や手間をかけずに、ちょっとした意識とルールに沿って生活するだけでダイエットに繋がります。食事制限することよりも、食べたぶんのカロリーを少しずつでも燃焼する事で余計な脂肪をつけずに済みます。わざわざジム通いをしたり、ダイエット用のメニューを考えなくても良いので、誰でも手軽にすぐに取り組む事ができます。
意識してみると、普段の生活では想像以上にエスカレーターやエレベーターに頼っていたり、電車で座っていたり、いかに自分が楽をしていたか気づけます。逆を言うと、それを意識するだけで簡単に消費カロリーが増えます。
基本は移動時だけで辛い内容も無いので、三日坊主になりがちなダイエットも継続する事が可能です。普段運動をしない人でも続けられます。

ダイエットの為に普段の生活で利用できる階段は意外と多いです

食事制限のダイエットが辛くて続かず、どうにか食べた分を楽して減らせないか試行錯誤しました。
普段から、駅やショッピングセンター、マンションなどの施設ではエスカレーターやエレベーターを使うのが当たり前になっていました。その上電車では席が空いていればすぐ座る、家でスマホをいじる時は座っているか寝転がっているか。。
それらの楽することをやめるだけで、消費するカロリーは積み重ねられます。また、続けているとちょっとした移動などを面倒に感じなくなり、動いたり立ったりする事が億劫ではなくなります。(最初は疲れていると階段がしんどくても、続けているうちに無意識に階段を使うようになります。)
そうすると、ダイエットを意識していなくてもなんとなく1駅ぶん歩いたり、1件遠くのコンビニに行ってみたり、ちょっとした移動に徒歩で行ってみる機会も増えます。結果的に、細かな日常の場面で、基礎的な運動量が増えました。

消費カロリーの積み重ねを意識する

3つのルール
・駅や施設は必ず階段を使う(エスカレーター、エレベーターは禁止)
・電車やバスでは席が空いていても座らないで立つ
・家でスマホを使う時は立って操作する
を最初は意識的に守り、継続することです。
疲れた帰り道に少し階段がしんどくても、痩せる為と思ってすこしがんばってください。
続けていくうちに習慣になり、無意識でも体が覚えていきます。
むしろ、他の人たちがほとんどエスカレーターを使うような長い階段に出会ったときに当たり前のようにそこを登っていく自分を頼もしく感じられるような場面があると、自信にも繋がります。
ただ、怪我や病気などのやむをえない事情がある場合は無理をせずエスカレーターやエレベーターを使ったり、席に座ったりしてください。しばらく休んだとしても、また再開して続けていけば効果がでます。