リバウンドしないカラダ作り!健康的に痩せる方法

食べる事にしか興味がなく、1年間で10キロ太ってしまった私。着られる洋服が無くなり、初めての「大きいサイズのお店」へ。なかなか可愛い服が見つからず、ダイエットが頭をよぎりました。しかし、好きなものを好きなだけ食べてきた私にとって、痩せるということはあまり気乗りしませんでした。ダイエットの特集を組んでいる雑誌に目を通し、このままではダメだと痩せることを決意しました。楽して痩せたいのはやまやまでしたが、とりあえずは食事制限をはじめました。

だらしないカラダにさよなら!焦らずゆっくり痩せよう!

具体的な期間や目標体重は決めませんでした。元々やせ形だったので、太った原因は明らかでした。間食なのか食事なのかわからないくらい食べていました。痩せようと思ってみたものの、どこから手をつけて良いのかわかりませんでした。そこで、少しずつやってみることにしました。自分に甘いという大きな欠点がありましたが、「とりあえずやってみよう」というだけの楽な気持ちからはじめました。ストレスから過食ぎみになっていたのは分かっていたので、ストレスにならない程度からはじめました。短期間でキツい運動をするよりも、一つできたらもう一つとダイエットの項目を足していくことで、ストレスなくできました。ゆっくりと体重を落とすことで、リバウンドもしにくくなると考えました。

予想していない意外な結果に!ダイエットはやればできる!

結果から言うと、大成功でした。
まず、食事を「普通」にしました。決まった時間に普通の量を食べるだけ。2ヶ月もたたないうちに5キロのダイエットに成功しました。コレはもしかしたら続けられるかも!と思ったので、間食を無くしました。さらに減っていく体重を見て自信がつきました。プラスで飲み物をお茶か水だけにしました。体が慣れてきてその食生活に安定してきた時には10キロのダイエットに成功していました。ますます自信がつきます。着たかった服が着れるようになり、ファッション雑誌も読みはじめ、メイクなどの見た目も気にかけるようになりました。太っていてネクラだった自分から無事に脱出。友達も増え、初めて彼氏もできました。完全に勢いがついたのでしょう、意識して動くようになりました。半年で15キロのダイエットに成功。体調も良くなり、色々なことがポジティブに考えられるようになりました。

食生活も運動も「慣れ」。心もカラダもついてきます

「お菓子が食べたい」わかります。「動くのが面倒」とてもよくわかります。「楽して痩せたい」すごくわかります。
しかし、なにかを我慢しないと痩せれません!
これが現実です。
少しずつで良いと思います。私は、短期間でこのぐらい痩せる!という目標も掲げずに痩せました。半年で15キロです。特に何もしていません。普通に食べて普通にカラダを動かしただけです。もちろん個人差はあると思いますが、「普通の体型の人と同じ生活」をすれば良いだけなんです。無理もしません。一つできたら、気まぐれで一つ加えてみて。ダメなら他のできそうな事をやってみます。
好きなだけ食べる生活が改善されると体重は落ちるものです。ジュースを水かお茶にするだけです。バスや車の移動を、自転車か徒歩にするだけで体重は落ちます。
カラダもココロもその生活に慣れてくるので心配いりません。焦らずゆっくりでいいのです。